[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

pixivとtwitterにいます。

2012/12/28(金) 01:19:26 [未分類] #

pixivとtwitterにいます。

http://www.pixiv.net/member.php?id=244427
絵とかマンガとかはpixivでやってます。

http://twitter.com/#!/miyagitarou
それ以外はtwitterで呟いてます。

そのうち方向性が定まったら、こことは別のブログを改めて立ち上げるかもしれないです。
しばらくは上2つでこじんまりやっていこうかと思います。
上2つでは「みやぎ」を名乗ってます。

では。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

「遺留捜査」まとめ

2011/07/31(日) 18:20:30 [未分類] #

相棒臨場枠の新ドラマ「遺留捜査」1話見ました。なんか…主人公のぼっち感にこっちまでテンション下がるドラマですね…仲間いねえ…何あの人ひとりぼっち…。でも、スーツ+カバン斜め掛け+スニーカーな45歳上司という新たな萌えを産み出した功績は手放しで讃えます!可愛いじゃないか!

主人公糸村さん、作中でも言われてたけど人をイライラさせる人ですね!右京さんの人をイライラさせる才能と倉石さんの人をイライラさせる才能を足して 2.5で割ったような感じでした。2じゃなくて2.5なのがポイントですが、その中途半端さにもイライラする!南、イライラする!

糸村さんは基本ぼっち臭を漂わせてましたけど、時々ある横山さんとの絡みはいい感じでした。上司糸村さんの実験に付き合わされる部下横山さん!自由人な上司に振り回される若い部下!上司!部下!このドラマが相棒並に化けるかどうかはここの絡みにかかっていると言っても過言ではない!今後に期待!

実験の為に慣れないハイヒールを履いてフラつく糸村さんの姿に、このままコケて横山さんに抱きとめられるじゃないかとドキドキハラハラしましたが、さすがに初回からそんな神演出はされませんでした。初回からイケメンがヒゲのオッサンをお姫様抱っこして甘く囁いた某アニメを見習って欲しいものです。

糸村さんの部下の横山さんの中の人は邦画を見に行くと大抵遭遇するでおなじみの波岡一喜さん。ここ数カ月で見た映画のほとんどで波岡さんに遭遇した気がします。あと香川照之さんにも超遭う。あとエンドロールでムロツヨシさんの名前を発見して『またムロツヨシ!』ってなる。以上邦画あるあるでした。

私の中では波岡さんといえばライオン丸だったんですけど、友人が彼の事を『ムカつくツリ目』という端的かつリズミカルな渾名で呼ぶので、最近は波岡さんを見る度にその7文字が頭に浮かびます。関係ないけど、ムカつくツリ目/ムロツヨシ、ちょっと字面が似てますね。ムロツヨシ/オロナミンも似てる。



遺留捜査2話。今週も糸村さんからのぼっち感が凄かったです。可愛くおねだりしたり可愛く自転車乗降したり可愛くガラス扉を覗き込んだり可愛く赤ちゃんとたわむれたり、いちいち可愛いのがムカつきます。あいつぜってー自分が可愛く見えるように計算して動いてるだろ。くそう、可愛くてムカつく。

皆で監視カメラの映像を見ていて糸村さんが重大な手がかりを発見するシーン。興奮気味に身を乗り出して画面を覗き込みながら佐野史郎さんの肩を抱いて指でニギニギムニュムニュサスサス…え、ちょ、何あれどういうつもりなの、ひ、卑猥!!エロくてびっくりしました。良い意味で酷いドラマですね!



遺留捜査3話。話は正直ちょっと…自分の家族が経営している会社の不正を告発しようと苦悩する元敏腕ジャーナリスト、が実際やってる事がアホ過ぎて生理的に無理。本人も無意味って分かっててもやらずにはいられなかったんだよって言われても無理!耐えられない!愛せない!許容できない!

事件は置いといて、とりあえず今週も上司部下には萌えました。このドラマは基本的に糸村さんぼっち捜査&しほりちゃんと一緒に捜査、っていうのが定型なんですね。横山さんは糸村さんの部下だけど行動は共にしないんだ。相棒みたいなべったり同行もいいけど、これはこれで萌えます。

例を挙げると、「糸村さんは?」「知りません。俺もうあの人のこと諦めましたから」とかね! 上司「ただいまー」部下「おかえりなさい」とかね! あのドライな感じがいいです。上司を妄信でも上司に反発でも上司に振り回されるでもない絶妙な距離感!独立独歩!上司部下!上司萌え!

横山さんが糸村さんを慌てて呼び止めた時の 「うぇえーうぇえーうぇえええー」 ……あれ、マジで何ですか?一瞬『かわいーv』となった直後『え、てゆか、今の何?』と背筋がゾッとしました。「wait wait wait」かな。それとも「ちょっと、ちょっとちょっと」の亜種かな。

さーって、来週の「遺留捜査」は?? …私の目と脳が次回予告に関して悪質な見間違い勘違いをしていなかったら糸村さんと横山さんが1つのソファに並んで座ってぴったり身を寄せ合っていたんですけど!4話にして確変来るか!どこまで化けるかこのドラマ!期待値すげー!



遺留捜査4話。何なの?何なのこのドラマ?被害者はバカかDQNじゃないといけない決まりでもあるの?すぐカッとなって見境なく相手に暴力を振るうような人間だけど本心ではやり直そうとしてたんですよって言われても「知るか屑がー!!」としか思えないですよ!人に迷惑かける奴はダメ!

先週の予告で糸村さんと横山さんが一つのソファに並んで座ってるように見えたので楽しみにしてたんですが、実際には別々の椅子に座っていただけでした。くっ…いや、キャスター付き椅子くっつけ接近というシチュも萌えるけど!けど!けど、ソファの方が色々と滾るじゃないですか!あー!期待し過ぎた!

糸村さんが料理を作っていたから、横山さんが糸村さんの手料理を食べる展開が来るかと期待しましたが叶いませんでした。だからー!本来の目的である被害者の家族に食べさせるのはソレはソレとして、試作品とか失敗作を横山さんや村木さんが半強制的に食べさせられるシーン入れてくれてもいいじゃん!

3分間だけ時間をくれませんかとは言わないから!1分でいいからそれぐらいのオマケつけてくれてもいいじゃないですか!もー!ケチ!まあ「俺、糸村さんの保護者じゃないですから」とか、上司に向かって「殴られたんですって?(ニヤニヤ)」は良かったです。通常配給とはいえごちそうさまでした。

あと、ドラマの内容とは全く関係ありませんが、被害者と被害者兄のビジュアルが快活な可愛い系イケメン&クールなメガネ美形という組み合わせで、ちょっと『青の祓魔師』の奥村兄弟っぽくて萌えました。青エクとは兄弟逆だけど。兄弟+お父さんってのも良かった。



遺留捜査5話。分かった、ドラマの基本構造が「被害者の真の思いetc.を糸村さんが遺族に伝える」だから、被害者は人から誤解されていないといけないんだ。そんな被害者が本当は…って明らかになって感動オチなんだから前フリとして被害者はある程度クズじゃないとダメなんだ。

ちなみに私は既に被害者どうこう事件どうこうをスッ飛ばして糸村さんや部下の横山さんに萌える術を身につけてるので大丈夫です。このドラマを真面目に見ようとすると、被害者や糸村さん、糸村さんを邪険にする他の刑事さん達の乱暴な言動にイライラしちゃうので精神衛生上よくない。

誘拐犯のアジトにおっかなびっくり乗り込む糸村さん&横山さんのビビリっぷりが可愛かったです。そして案の定ピンチになり、そのピンチを救うのは同行した一般人女性、というか水野真紀さん。ちなみに私は土曜ワイド劇場大好き病の弊害で水野真紀さんが事件記者冴子にしか見えない病を患ってます。

でも最初のピンチを乗り越えた後はまさかの糸村無双でした。頭脳担当糸村さんが役に立たず、若い横山さんが体はって頑張るのかと思ったのに。一度は取り押さえた誘拐犯に逆転されてピンチに陥った横山さんを「やれやれ」という顔で軽々と救出しちゃう糸村さん。やだ、この上司かっこいい…!!

上司部下関連以外では、自分があげた画像解析ソフトを糸村さんが使っていると聞いた時の村木さんの嬉しそうな顔にキュンとしました。「糸村さん、使ってくれてるんだ…(はにかみ)」いつも酷い目に合わされてるのに村木さん良い人だ。そして、実は糸村さんは使っていませんでした。



遺留捜査6話。「こないだあげた画像ソフトで自分でやればいいじゃないですか」大変!村木さんに貰ったソフトを糸村さんが実は使ってない事がバレそう!「パソコンの調子が悪くて」よし、誤摩化した!と思ったらそのパソコンを村木さん自身に使わせちゃった!「どこが調子悪いんですか?」バレたー!!

ハラハラしてたら「あれー?村木さんが触ったから直ったのかな?さっすが村木さん(ハート)」そんな力技で乗り切っちゃう糸村さんの小悪魔!乗り切られちゃう村木さんの天使!はい糸村×村木、略して糸村木!ちなみに、村木さんはお相撲さんのプリッとしたお尻の筋肉がたまらなく好き=公式設定。

甘い言葉で村木さんを惑わした件以外にも、自分がやりたくない汚れ仕事をやらせる為だけに部下の横山さんを連れてきたり、何も言わずその横山さんを置き去りにして別の男についてっちゃったり、今週は糸村さんが魔性の男っぷりを遺憾なく発揮していたのが良かったと思います。



遺留捜査7話。今週は横山さんの「糸村さん若く見えますもんねかっこわらい」という上司いじりと、村木さんを苛めてきゃっきゃきゃっきゃしてる糸村さんぐらいしか萌え所がなかった…横山さんが突然やたら仕事に燃え出した理由も明らかにならず仕舞だし。上司に恋でもしたのかと思ったんですけど。



遺留捜査8話。萌えはお母さん村木さんの帰宅を待ちわびる長男次男のような糸村横山コンビが可愛かった事ぐらいでしたが、今回は普通に話が面白かったです!浮気して離婚して離婚式開催してヘラヘラしてる男が殺されて…って、はいはいまたDQN被害者DQN被害者とか思ってすいませんでしたー!

首吊り死体にショックを受けて泣きじゃくりながらテクテク歩く借金取り(バイト)の周りを踊り狂うチンドン屋集団という、『え、こんなドラマだっけ?』というシュールな絵は衝撃的でした。あのシーンのペーソスとシニカルさは出色。あのシーンから始まる映画作って欲しいぐらいです。

あまりに今までにない絵面だったので脚本の人が特別なのかとググったら、坂田義和さんって臨場の脚本書いてた人なんですね。臨場二期の最初2話と最後2話もこの人。サイトで二番目にクレジットされてる割に今回しか書いてないので、今後最終回付近で何話か担当してるんじゃないかと期待してます。

思い返しても今週の遺留捜査は良かったです。このドラマ、糸村さんによる被害者の真意解説が説明過多で決めつけ入ってて苛つく時があるんですが、今回は遺族にも視聴者にも解説少なめなのが良かった。あのチンドン屋が被害者の言動変化のキーだってのが後から分かるのとかジワジワ胸に来ます。



遺留捜査9話。今週も面白かったです。よく考えたら今回の被害者もやってる事は相当な馬鹿なんですけど、それが学生時代の想いに端を発したものだという展開があったから幼さゆえの愚直さだと思えば許せる気がしました。だが第3話の被害者、てめーはダメだ。

「1192-756-145」という謎の番号に「いいくに、なごむ、ひよこ」という読みをつける糸村さん。どんなヒヨコだと横山さんに突っ込まれて「すごいヒヨコなんじゃない?」とシレッと返す糸村さん。あの上司ぜってー自分の可愛さを自覚してやってる確信犯(誤用)だと思う。



遺留捜査10話。音響研究所の江藤さんが警察を恨む理由が明らかになったり、その切欠となった18年前の事件に関わった人物が出たり、基本的には来週の最終回へ向けたツナギ回でした。中学時代漫画家志望だった横山さんが似顔絵作成できる程に絵が上手で驚きました。いきなりのスペック追加とな。

その似顔絵で江藤さんが事件に関わっている可能性に気付いた横山さん、捜査一課にはそれを伏せたまま慌てて糸村さんに連絡する姿が可愛かったです。江藤さんには上司ともども危ない所を助けてもらった恩があるから、不用意に話して彼女の立場が悪くなるのを心配したんでしょうか。

いつもいつも糸村スマイルに押し切られて仕事を押し付けられる村木さんによる必死の抵抗「あなたのその笑顔、あまり好きではありません!」嫌いでも好きじゃないでもなく「あまり」好きじゃない…これはとっくに白旗上がってますね。あまり好きじゃない=嫌いではないと言っても過言ではありません。

「うそをつくのは、いけないことです」当たり前の事ですけど、糸村さんのあの口調で丁寧に言われるとしみる。思わずテレビの前で土下座しました。前半散々文句つけちゃいましたけど、私このドラマと糸村さんのキャラ好きだー。最終回面白そうだし、その勢いのまま是非シリーズ化お願いします。



遺留捜査11話。最終回。「誰もが糸村になれるわけじゃないんだぞ」右京さんもこういう事よく言われるよな、と思ったけど具体的なシーンが思い出せないので言われてないかもしれません。糸村さんの方が特命係よりは組織の中にいるけど、確かに好き勝手度は近いですよね。事件解決への貢献度は低め。

長谷川初範さん演じる警察署署長が転落死、その場に大杉漣さん演じる加賀見課長が居合わせた事に不信感を抱く佐野史郎さん演じる曽根係長、そして上川隆也さん演じる糸村さん。い や あ 、 い い 萌 え ド ラ マ だ っ た な !最終回+前回のゲストが長谷川初範さんっていうのが神。

前回はただの犬好きなかっこいい署長さんだったけど、最終回の長谷川初範さんはメソメソ泣いたり落ち込んだりパニックになったり怯えたり犬とたわむれたりしていて、非常に興奮いたしました。あー萌え死ぬかと思った。犬と糸村さんの組み合わせも可愛かったし、良い最終回でした。

遺留品と被害者と遺族がメインで事件に割く時間が少ないのはいつもの事ですが、証拠品紛失のタイミングや意図や犬使って凶器運ぶ事のメリットがよく分からなかったです。でも面白かった。あの狂乱の老婆→糸村さん→狂乱老婆→糸村→狂婆→糸→婆のエンドレススイッチングは超恐怖映像でした。

そして何の意味も脈絡もなく男3人高級ディナーが来たんですけどアレなんですか。私への御褒美ですか。糸村さんが村木さんに御馳走する場に勝手について来た横山さん。痴話喧嘩を始める糸村横山コンビと慌てて仲裁に入る村木さん。まんまと2人に奢る羽目になる村木さん。最後までごちそうさまでした!

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

私の35歳が!!

2010/11/06(土) 18:58:34 [モブログ] #

はあああああああっ!?
日本シリーズ見ててジャイアントキリング見忘れた!!
あああああ!! なんてこった!!
タッツミー! タッツミー! 私のタッツミー!
うわあああああん35歳!!
ちっくしょう! ばか! 私のばか! ばかばか!
土曜はバクマン→ジャイキリの流れが出来てたじゃないか!!
なぜ野球をつけた!! うわああああああ!! タッツミー!!

いいや、野球見る。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

豊作豊作。

2010/10/20(水) 22:42:19 [未分類] #

相棒新シーズン始まりましたね!
始まって5分くらい、オープニングまではポカーンとして見てました。
けっこうな勢いでスペック初回冒頭とかぶってたので、思わず加瀬亮を探しました。いませんでした。
いないと言えば、しばらく三浦さんがいなくて「初回から欠席かよ!?」とハラハラしましたけど、取調室のシーンにはいたのでホッとしました。気付いた。私は三浦さんが好きだ。うん。

加瀬亮といえばスペック超面白え。
加瀬亮もとい瀬文さんのどうしようもない悪人顔とツンデレっぷりと、戸田恵梨香もとい当麻さんの満遍ない態度悪さと、神木くんのあらゆる方向での残念さと、竜雷太の野々村係長さと、雅ちゃんの可愛らしさと、椎名桔平のうさんくささと、その他諸々が超楽しいです。あれは実に良いドラマだ。
とにかく当麻さんが老若男女年上年下上司同僚被害者加害者刑事犯人誰に対しても満遍なく態度悪くて感じ悪い所が可愛くて仕方ない。

既に放送始まってる今クールのドラマだと、小田霧響子の嘘も見てます。オダキョーも可愛い。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

なんだろう。

2010/09/30(木) 19:06:59 [未分類] #

電車の中吊りにあった

「草なぎ剛は週2回頭皮を染める」

って何だろう…頭皮を染めるって通販とかで売ってるあの黒い粉だろうか…。
気になるので今度週刊文春(だった気がする)を読みに行こう。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME | Next Page »


「なめたら甘いかもしれない」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。